Q&A

 インプラントQ&A  歯列矯正Q&A  静脈内鎮静法Q&A

インプラント治療に伴う痛みは?期間は?
簡単な麻酔を行いますので、ほとんど痛みを感じません
   処置時間は30〜120分、治療期間は4-12ヶ月かかります。
   いずれもインプラントの種類や治療内容によって異なります。
インプラント治療の費用は、どの程度かかりますか?
残念ですが、今現在では自由診療扱い(健康保険適用外)と
   なっています。なお、インプラントの本数・種類などによって
   費用は異なりますので、事前にご相談ください。
インプラント治療は、誰でも受けられますか?
心臓病や糖尿病などの持病が有る人や、妊娠中の人は
   受けられない場合が有ります。また、あごの骨の状態に
   よっても受けられない場合が有ります。
   いずれも事前にご相談ください。
インプラントは、どのくらい持ちますか?
インプラントそのものは歯ぐきとなじみが良く、
   腐食しにくいチタンを使用しています。インプラントを
   出来るだけ長持ちさせるためには、自分の歯と
   おなじような手入れが必要です。ブラッシングはもちろん、
   歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックを
   するため、患者さまに応じた定期検診を、お受けください。
矯正は何歳ぐらいから、はじめた方が良いのでしょう?
不正咬合に気づいたら、すぐにご相談ください。
   治療開始時期は、症状によって異なります。
大人になってからでも、矯正は出来ますか?
もちろん大人でも矯正は行えます。年齢に上限は
   有りませんが、成長期にある子供は、発育を利用する
   ことが出来るので、有利に矯正を行うことが出来ます。
費用は、どの程度かかりますか?
原則的に、健康保険適用外です。特殊な例をのぞき
   自費負担となります。症状によりますので、ご相談ください。
   なお、お支払い方法は、色々と有りますのでご安心下さい。
矯正の際は、歯はどのようにして動くのですか?
歯は、歯を支える骨の吸収と造骨と言う現象で動きます。
   これが歯を動かす基本の治療です。
矯正には、歯を抜くことが必要ですか?
歯とあごの大きさの不調和が、著しい場合、
   抜歯が必要です。しかし、乳歯が永久歯に
   生え替わる頃や、あごの発育時に合わせて
   治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する
   可能性が高くなります。ですから、子供の頃に
   はじめるのが、最適です。
虫歯や、歯周病にかかっていても、矯正は可能ですか?
矯正をする前に、様々な検査を行います。虫歯や、歯周病は
   先に必要な治療をします。
治療中に痛みは有りますか?
装置を始めて付けた場合や、調整を行った場合は、
   若干の歯の浮くような感覚が有りますが、
   だいたい数日間でおさまります。
食事や歯磨きはどうしたらいいでしょう?
食事は矯正装置により多少の違いが
   有りますが、問題は有りません。
   歯磨きには、コツを必要としますので、
   磨き方をご指導いたします。

全身麻酔や笑気吸入鎮静法と、どこが違うのでしょうか

以下の表の様になります。
静脈内鎮静法の場合 全身麻酔の場合
  • 眠くなるが、意識はある
  • 自分自身で、普段と同様に呼吸が出来る
  • 呼びかけや刺激に対応できる
  • 入院の必要はなく、短時間で帰宅できる
  • 外来での無痛治療に最適
  • 意識がなくなる
  • 人工呼吸器が必要
  • 呼びかけや刺激に反応できない
  • 多くの場合入院が必要
静脈内鎮静法の場合 笑気吸引鎮静法の場合
  • 効果が確実で、速い
  • 夢見心地でほとんど痛みを感じない
  • 会話や口呼吸にる影響がない
  • 緊急時に対処が可能
  • 鎮静効果が弱いため、痛みを感じる場合がある
  • 会話や口呼吸による影響がある
  • 副作用がほとんど無い


どのような場合が鎮静法に適しているのでしょうか?

痛みに敏感な方。楽な気持ちでインプラント治療をお受けになりたい方。
   今まで治療中に気分が悪くなったり、「脳貧血様発作」や
   「過換気症候群」と診断を受けられたことの有る方。


   「高血圧症」や「心疾患」などの内科的疾病をお持ちの方。

   嘔吐反射を気にしないで、治療をお受けになりたい方。



鎮静法は安全な方法でしょうか?

意識や反射が残っているという点では、「安全」です。
   当院では、全身状態や使う薬剤の特徴に熟知している歯科麻酔医が
   患者様の全身状態を把握し管理しながら行いますので、安全です。

治療の前後は、どのような処置が行われるのでしょうか?
   治療後は、すぐに帰宅できるのでしょうか?


治療前には、術前検査として血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などの
   モニターをつけていただき、全身状態をチェックします。
   その後、点滴を行います。
   痛みを和らげる方法も有りますので、必要な方はご相談ください。


   モニターは、安全のため治療後まで継続してつけていただきます。

   治療後は特別な処置は有りません。
   少し眠たさや、ふらつきが残る場合がありますが、数時間ほどで
   普段の生活に戻ることが出来ます。
   (念のため、お車の運転等はお控えください。)


 上に戻る